数あるカードローンの中でも、個人事業主でも借りれて口コミ評価の高い会社をピックアップしました。

  1. プロミス

    郵送物&来店なしで契約可、30日間無利息で最短1時間で融資、50万円以下なら収入証明書不要

  2. ビジネクスト

    赤字決算でも申込み可能、無担保無保証・来店不要で書類提出後3日程度で融資してもらえる

  3. 三菱UFJ銀行

    口座開設不要でATM手数料無料、最短翌営業日に借入可、パート・アルバイトでも申し込みOK

審査は銀行の融資より厳しくないです。(男性/30代)

男性/30代

私は個人で事業を行っておりますが、その収入は不安定で多い時もあれば、ほとんど収入がない時もあります。

全体的な年収としては一般的な同世代のサラリーマンと同じが少し多いくらいですが、
私のような個人事業主が困る時と言えば突発的な支出です。

例えば、急にまとまった支払いを請求されたりであるとか、
事業拡大のチャンスが巡ってきた時に手元に資金が無い場合も少なくありません。

何とか金策を行うわけですが、なかなか集まらないというのが実情です。

自営業の場合だと、会社員の様に無担保のローンを借りるというのは難しいです。

個人事業主の場合は収入に対して経費を計上するので、収入証明書に記載される金額が
実際の収入より低く記入されてしまうため、収入の低さを理由として融資を受けられないケースがありました。

そういった時に役立ったのが個人事業主向けのカードローンです。

これだと収入証明書の記載額が低くても、経費などの事情を考慮してくれるので借りやすいのです。

また、一般的なカードローンは総量規制があり、年収の3分の1までしか借りることができませんが、
個人事業主向けのカードローンではこの規制は当てはまらないので、使い勝手はさらに良くなります。

銀行の企業向けの融資よりも審査が厳しくないというのも魅力です。

私は急な資金が必要となった際には利用して支払いを行い、後で収入を得た時点で返済をしていました。

資金の支払いが期日通り行われないというのは信用に関わる問題なので、
そういった不安なく事業を継続できるるというのは非常に助かる存在です。

一つ注意点としては借りるには必ず収入証明書が必要となるので、事業を始めて1年目などでは利用ができないという点があります。

土日祝日でも審査が早くて助かりました。(女性/30代)

女性/30代

私は個人でネイルサロンを経営しているのですが、1年ほど前に体調を崩してしまい、
仕方なくおよそ半年間ネイルサロンを閉店していました。

その間、収入がなかったことに加えて入院をしていたので、
入院費や諸費用など急な出費があり、まとまったお金が必要になりました。

でも、開業してまだ1年ということもあり、貯金はほとんど開業資金にあててしまっていたので、
手持ちの資金がほとんどありませんでした。

対策として、とりあえずお金を借りることにしました。

まずは、地方銀行のカードローンに申し込みをしたのですが、審査が通りませんでした。
困り果てた私はインターネットで必死に調べました。

すると、消費者金融なら個人事業主でも借りられる可能性が高いということを知ったので、早速申し込んでみました。

店舗に行かなくても、自宅から簡単に申込みや契約ができたので、その時の状況を考えると良かったです。
しかも、審査も早く、たとえ土日や祝日であってもお金が振り込まれたので本当に助かりました。

さらに、30日間は利息が付かないということでしたので、安心しました。

現在は体調もすっかり回復したので、退院をして少しずつ事業を再開しています。
また、借りたお金はコンビニで返済ができますのでとても便利です。

余裕がある時はまとめて返済できることも安心です。

銀行の審査に落ちた時は、もしかすると個人事業主はどこからもお金が借りることができないのではと不安になりましたが、
今回の入院をきっかけに、個人事業主でもお金を借りることができるということを知って安心できました。

借りたお金を早く完済できるように、また仕事を頑張っていきたいと思っています。

スマホから簡単に資金調達できた。(男性/50代)

男性/50代

個人事業主にとっての資金繰りといえば、極めて難しいということは容易に推測できます。

株式会社などとは異なり、銀行や政府系金融機関などの融資を受けることが難しいのが現実です。

資金がなければ、新たに事業をスタートさせたいなどの願望があっても、
資金が調達できずに断念せざるを得ないという状況に陥ることになります。

私自身の経験として、銀行やクレジットカード会社、消費者金融の
カードローンを有効に利用することがおすすめです。

カードローンのキャッシングサービスは、個人事業主にも積極的に融資をしてくれます。

むろん、カードローンサービスを受けるためには、金融機関の審査をパスすることが求められます。

ここでいう審査とは、銀行の窓口で行うような審査とは異なり、
極めて簡単な審査である点もポイントといえるでしょう。

売上表や損益計算書、決算報告書などの難しい書類の提出を求められることはありません。

基本的には、免許証などの身分証明書があれば、審査を受けることができます
「複雑な手続きが面倒」「申し込んでから融資までに時間がかかる」などの心配は一切無用です。

また、ネット社会の台頭により、カードローンを行う金融機関もネット上でのサービス拡充を大々的に進めており、
利用者にとっても使いやすくなってきました。

私が申し込んだのもスマホからでしたが、スムーズに一連の流れが進んで行きました。

申し込んだ次の日には、指定口座にお金が振り込まれるというスピーディーな対応にも満足感でした。
もちろん、返済に向けてのプランニングもしっかりしなければなりません。

毎月の返済日と返済額を決めて遅れずにしっかりと支払うことになります。

その際には、決して背伸びすることなく、確実に返済できる金額を設定することが大事です。

個人事業主向けのカードローンはこちら